ギョーカイ君が行く/月9ドラマのストーリー、キャスト、DVD、書籍、サウンドトラック

  • ホーム>
  • 1987年の月9ドラマ>
  • ギョーカイ君が行く

月9ドラマ/ギョーカイ君が行く データベース

 放送年、放送回数、ジャンル、視聴率
1987年   全6話   職業   平均:15.2%
 スタッフ
演出・・・福本義人、服部嘉和
脚本・・・土屋斗紀雄、奥村俊雄
 主なキャスト
石橋貴明(とんねるず) 、木梨憲武(とんねるず) 、浅野温子 、中村繁之 、宮崎萬純 、梅宮辰夫 、村井国夫 、谷啓 、加賀まりこ他
 あらすじ
キャニオンレコードのSPマン・憲男(木梨憲武)は田塩事業部に所属し、主に演歌系の歌手のレコードセールスを行っている。ある日、田塩のライバルである真中事業部に、新人SPマンの貴志(石橋貴明)が引き抜きでやって来た。実は憲男と貴志は幼稚園から高校までの同級生だが、顔を合わせればいつもケンカばかり。7年ぶりに対面し、早速ケンカになってしまった二人の前に、制作本部長秘書の涼子(浅野温子)が現れた。憲男と貴志のケンカは、二人の同級生でマドンナ的存在であった涼子が原因でもあった。

月9ドラマ/ギョーカイ君が行くのDVD

なし

月9ドラマ/ギョーカイ君が行くのサウンドトラック・CD・OST

なし

月9ドラマ/ギョーカイ君が行くの書籍・小説・フォトブック

なし

楽天市場

アマゾン

スポンサードリンク