ピュア/月9ドラマのストーリー、キャスト、DVD、書籍、サウンドトラック

  • ホーム>
  • 1996年の月9ドラマ>
  • ピュア

月9ドラマ/ピュア データベース

 放送年、放送回数、ジャンル、視聴率
1996年   全11話   ラブロマンス   最高:25.9%、平均:23.5%
 スタッフ
演出・・・中江功、田島大輔、澤田鎌作
脚本・・・龍居由佳里、橋部敦子
 主なキャスト
和久井映見、堤真一、高橋克典、高岡早紀、篠原涼子、風吹ジュン、鳥羽潤、崎元大海、村松克己他
 あらすじ
清楚で明るい折原優香(和久井映見)は、一見ごく普通の女性と何の違いもない。ただ、唯一違っているのは、生まれつきIQがほんの少し低かったこと。しかし、母・孝子(風吹ジュン)、従兄弟の神崎涼(高橋克典)の深い愛情に包まれて育った天真爛漫で気立てのいい心の美しい子。優香は理知的能力が低い半面、感受性が鋭く、幼い頃から個性的な作品(オブジェ)を作ってきた。その作品には彼女のピュアで優しい心が映し出されていた。 ところが、涼が内緒で優香の作品をアートコンクールに出品し、賞を取ったことによって事態が変わる。今まで閉じ篭っていた小さな世界から未知の世界に踏み出すことになった。そんな中で、優香は沢渡徹(堤真一)と出会い、恋心を抱く。彼は、写真週刊誌の記者をしているが、元社会部の記者だった。政治家の汚職事件を暴いたために左遷されたのである。 心に深くて暗い淵を抱えた「冷血人間」である徹が、優香と出会い、自分のことをいい人だと信じてついてくる彼女のピュアな心が徹の凍りついた心を溶かしていく…。 優香も恋を初めて知ったことにより、自立心を抱き始める。自分で決めること、傷つくこと、恋をすること。 優香の人生が大きく変わり始めた…。

月9ドラマ/ピュアのDVD

ピュア DVD BOX
ピュア DVD BOX

月9ドラマ/ピュアのサウンドトラック・CD・OST

ピュア オリジナル・サウンドトラック
ピュア オリジナル・サウンドトラック

月9ドラマ/ピュアの書籍・小説・フォトブック

なし

楽天市場

アマゾン

スポンサードリンク