韓国ドラマの総合情報サイト。韓国ドラマのあらすじ・出演者・DVD・サントラ(OST)・書籍を紹介。

韓国ドラマ/私の人生の春の日 データベース

 放送年、放送局、話数、ジャンル
2014年/MBC/全16話
ヒューマン・ラブロマンス・泣ける
 スタッフ
演出・・・イ・ジェドン
脚本・・・パク・ジスク


 主なキャスト
カム・ウソン、 イ・ジュニョク、 チェ・スヨン、 チャン・シニョン、 ヒョン・スンミン、 ミン・ジア、 クォン・ヘヒョ、 イ・ギヨン、 キル・ジョンウ、 チョ・ヤンジャ、 シム・ヘジン、 カ・ドゥッキ、 カン・ブジャ、 イ・ジェウォン、 チャン・ウォニョン
 あらすじ
両親が経営する病院で臨床栄養士として働くイ・ボミ(スヨン)。父の右腕でもある心臓外科医カン・ドンウク(イ・ジュニョク)とは結婚を約束した仲だ。5年前に心臓移植手術を受けて一命を取り留めたボミは、ドナーに感謝しながら毎日明るく一生懸命に生きている。ある日、ボミはスーパーの精肉コーナーでカン・ドンハ(カム・ウソン)に悪徳卸業者と誤解され、大喧嘩をしてしまう。ドンハの一言に傷ついたボミは休暇を取り、ドナーが暮らしていたという牛島へ。同じ頃、ドンハも亡き妻スジョン(ミン・ジア)の命日に合わせて、牛島に向かっていた。海沿いの店で、偶然ドンハの娘と息子を目にした瞬間、なぜか涙を流してしまうボミ。紆余曲折の末、ドンハの家に泊まることになったボミはしだいにドンハと打ち解け、子どもたちもすっかり彼女に懐く。ソウルに戻ったドンハは、ボミが弟ドンウクの婚約者であることを知り、一抹の寂しさを覚える。一方、ドンウクは、ドンハと子どもたちのことを気遣うボミの様子に不安を抱き始める。5年前、ボミに移植されたのは、ドンウクの初恋の人でありドンハの妻であるスジョンの心臓だった。ボミとドンハはこの偶然を知らないまま、スジョンの心臓の記憶に導かれるように惹かれ合っていくが――。

韓国ドラマ/私の人生の春の日のDVD

私の人生の春の日 DVD-SET1
私の人生の春の日 DVD-SET1
私の人生の春の日 DVD-SET2
私の人生の春の日 DVD-SET2

韓国ドラマ/私の人生の春の日のサウンドトラック・CD・OST

私の人生の春の日 OST (MBC TVドラマ)(韓国盤)
私の人生の春の日 OST (MBC TVドラマ)(韓国盤)

韓国ドラマ/私の人生の春の日の書籍・小説・フォトブック

なし

楽天市場

アマゾン

スポンサードリンク

Amazon